新型コロナウイルス感染症に対する健診施設の対応について(日本人間ドック学会)

以下は、新型コロナウイルス感染症に対する国・厚生労働省の方針、その他関係団体からの通達を基に、健診施設における対応について日本人間ドック学会がまとめたものです。
当院もこれに準ずるものとします。

■以下のいずれかに該当する場合は、原則として健診の受診をお断りします。
・のどの痛み・咳などの風邪の症状のある方
・37.5度以上の発熱がある方
・健診を受診される1週間以内に37.5℃以上の発熱があった方
・2週間以内に、新型コロナウイルスの患者やその疑いがある患者(同居者・職場内での発熱含む)と接触歴のある方
・2週間以内に、法務省・厚生労働省が定める諸外国への渡航歴がある方(及びそれらの方と家庭や職場内で接触歴がある方)

■施設の消毒等
・受診者様には来院時に手指のアルコール消毒を行っていただきます。
・施設内で受診者様が接触する箇所を定期的に消毒します。
・健診時及び消毒時、職員はマスクや手袋を着用させていただきます。

■検査からの感染リスク低減対策として考えられること
・感染兆候のある方は検査を中止します。
・職員はマスクを着用するとともに検査室内の換気を適宜行います。
・内視鏡検査にあたっては、通常の感染予防策を実施し、必要に応じてフェイスマスクを使用します。

(参考)新型コロナウイルス感染症の主な症状
・発熱(87.9%)
・空ぜき(67.7%)
・倦怠感(38.1%)
・たん(33.4%)
・息切れ(18.6%)
・のどの痛み(13.9%)
・頭痛(13.6%)
・筋肉痛や関節痛(14.8%)
・悪寒(11.4%)
・嗅覚・味覚障害
(注)中国の5万6000件の症例を調べたWHO報告書を基に作成。かっこ内は全症例に占める各症状がみられた人の割合。
(英学会など報告・2020.3.28日本経済新聞より)

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>