胃がん・大腸がんコース

日本人の3人に1人ががんで死亡しており、近年がんの内容(種類)が変化しています。女性の大腸がん死亡率は第1位、男性でも第3位になっています。他のがんと同様に大腸がんも年を追うごとに発症のリスクが高まります。初期症状がなく、全く知らぬ間に進行していくがんですが、適切な検査を受けることによって早期発見することができます。

大腸内視鏡検査では大腸がんだけでなく、ポリープや潰瘍などの大腸疾患も発見することができます。大腸がんは35歳ごろから発症率が増加します。野菜が少なく肉などの脂肪分が多い食生活をしている方、便秘や下痢を繰りかえる方、血縁者に大腸がんや大腸ポリープの既往歴がある方は積極的に受診することをお勧めします。
※当クリニックでは、胃内視鏡検査と大腸内視鏡検査を同日に日帰りで受けることができます。

コース料金 ¥50,000(税抜)